ページの先頭へ

QandA

よくある質問

治療関連


鍼・お灸は痛く(熱く)ないですか?

使用するハリは直径が1mm程度で髪の毛ほどの細いハリを使用します。ですので注射のような痛みはなく、指のトントンという感覚のみが伝わる程度のものです。

お灸は基本的に直接肌の上に置くタイプのもの(直接灸)ではなく、間接灸という皮膚との間に空間があるものを使用しますので、じんわりとした温もりを感じる程度のものです。


鍼・お灸をした後に痕(あと)は残りますか?

ハリでは全くといって良いほど、痕は残りません。

お灸は間接灸ならば治療後にうっすらと痕は見ることができますが、数時間で消えます。直接灸は皮膚の上に直接お灸を乗せて行いますので、水泡・やけどの痕が少々残りますが、基本的には間接灸を使用しますし、直接灸はご要望があった場合や承諾を得てから行います。


使用する鍼(はり)は使い回しですか?

鍼はディスポーサブル鍼という使い捨ての鍼を使用しております。

どんな場合であれ、一度使用した鍼を使いまわすということは行いません。


治療の際、衣服は脱ぎますか?

鍼やお灸を行う箇所のみ肌を出していただくことになりますので、全て脱ぐ必要はありません。また、治療と関係のない部分はタオルなどで覆い治療を行います。

また、仕事やお出かけ帰りの方にも安心して来院出来るよう、治療着もご用意しております。

訪問鍼灸サービス関連


交通事故で移動するのが困難な場合、送迎は行ってくれるのでしょうか?

当院には訪問鍼灸サービスがございますので、対応エリア(北諸県郡)内でしたら国家資格を持った鍼灸師がお伺いさせていただき、治療にあたらせていただきます。


訪問治療の際、コチラで用意するものはありますか?

保険が適応される症状の場合は保険や診断書などをご用意ください。また、症状によってはうつ伏せになっていただくこともありますので、ベッドやマットなどをご用意されていた方が快適かと思います。


電話後すぐに来てくれたりもできますか?

訪問鍼灸サービスは要予約となっており、時間帯も8時~12時までとなっております。まずはご連絡をいただき、訪問のお時間などをお打合せさせていただく必要があります。


三股町,都城市ならばどこへでも来てくれるのでしょうか?

基本的に訪問させていただきますが、自家用車で移動が不可能な場所などの理由により、お断りさせていただく可能性もございます。


対応エリア外なのですが、訪問治療サービスを行っていただけないでしょうか?

三股町や都城市近隣の地域の場合、対応させていただく可能性もございます。一度お気軽にお問い合わせください。

保険・料金関連


料金は治療によって変動しますか?

保険が適当されない場合、基本的に治療費は3000円(初診は+500円)となっております。万が一、3000円以上の料金が発生する場合は、確認とご承諾を必ずいただいております。


健康保険は使用できますか?

コチラ(「治療案内」ページの「保険について」へのリンク)に掲載されてある病気に関しては健康保険が適応されます。また、同意書と掛かり付けの医師の承諾、診断書などが必要になる場合もございますので、まずは当院へお気軽にお問い合わせください。


交通事故の傷害の治療は保険が適用されますか?

追突事故などによる「むちうち症」により、首や腰の痛みで整形外科などに通院される方がいらっしゃると思いますが、その場合に鍼灸でも保険治療を受けられます。

ご本人様と保険会社でお話をして頂き、保険会社に了承して頂ければ治療を受けられます。

その他の質問


院名である「はり灸あんど」ってどういう意味ですか?

「&」と「安堵」をかけています。

みなさまに鍼灸だけにこだわらず、なにかプラスして提供したいという気持ちと、心身ともに安らいでもらいたいという気持ちを込めています。


建物の形が独特ですが、何か意味がありますか?

この建物は八角形で出来ています。

鍼の起源である中国では8という数字はとても縁起の良い数字のようです。北京オリンピックも2008年8月8日午後8時開会しましたね。

また、「八」という漢数字の形の持つイメージから「末広がり」と言われ好まれています。

と、いろいろ書きましたが、本当のところ、設計士さんがみなさんがくつろげる空間と考えたらこうなった、だそうです。


駐車場はありますか?

ございます。約6台は駐車することが可能です。